最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

院長ブログ
doctor-blog

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
  • 院内写真5
  • 院内写真6
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14

学会・研究会関連ご報告

院長ブログ

・日本腎不全看護学会に参加しました。

11月1011日に長野県で行われました日本腎不全看護学会にて、看護師の上田聰美が座長を務め、さらに英語での症例報告を行いました。

 

・在宅血液透析研究会に参加しました。

11月1011日に滋賀県大津市にて第21回在宅血液透析研究会が開催されました。昨年私が『在宅血液透析(HHD)に対してもクエン酸含有無酢酸重炭酸透析液(AFD)適用可能である』の口演を行いましたが、今年は種山臨床工学技士が『ハートライン支援システムを用いた在宅透析の管理』の口演を行いました。オンライン診療用通信システム「ハートライン」はTV-CMでも紹介されております(https://www.nipro.co.jp/public/cm/)。

 

・長時間透析研究会に参加しました。

11月2425日に福岡県福岡市にて第14回長時間透析研究会が開催されました。当院からは、菅沼院長が『クエン酸含有無酢酸重炭酸透析液(CD)による長時間透析(LHD)と在宅血液透析(HHD)における貧血改善効果』、竹石臨床工学技士が『長時間透析治療が末梢循環動態に及ぼす影響』の口演を行いました。また、同研究会幹事である院長は1125日(日)のポスターセッションにて座長を務めさせて頂きました。