最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

当院について
about

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14
  • 予約・お問い合わせ

    03-5969-4976
  • 透析申し込み専用フリーダイヤル

    0800-111-4976

01 院長挨拶

当院の院長をご紹介します。また、院長より皆様へのご挨拶を掲載しています。

ごあいさつ



腎内科クリニック世田谷 院長
菅沼 信也

現在末期腎不全のために透析治療を必要とする患者様が日本全国で年々増加し2014年末で32万人を超え、人口に対するその比率においても年々増加しています。
これに歯止めをかけるためには、糖尿病を始めとするいわゆる生活習慣病の予防及び治療、そしていわゆる慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease : CKD)対策が大変重要です。

このような現状を踏まえ、私ども「腎内科クリニック世田谷」では地域の腎臓病専門医療施設として診療レベルの向上を図り、食事療法、薬物療法を中心にあらゆる治療を実施する事で腎機能低下(透析)防止を第一の目的として全力を尽くします。はからずも透析が必要となった方もできるだけ元気で長生きして頂くよう無酢酸透析(AFD)、オンラインHDF(血液透析濾過)、間歇補充型HDF(I-HDF)療法、長時間透析、在宅血液透析(HHD)、PD+HD併用療法等の質の高い安全で快適な透析療法を透析専門医診療のもとで御提供致します。

世界最高水準の腎臓病及び透析医療が御提供できるようスタッフ一同日々の努力を重ねてまいります。

略歴



経歴
国立旭川医科大学卒業と同時に東京女子医科大学腎臓病総合医療センター腎臓内科に入局し腎臓病及び透析医療に一貫して携わる。東京女子医科大学附属病院での研修後、新宿石川病院内科、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター、東日本循環器病院(現海老名総合病院)腎膠原病センター勤務を経てH20年10月世田谷区烏山地域初となる保存期慢性腎不全に対する加療に加え維持透析も可能な施設「腎内科クリニック世田谷」を開設。臨床腎臓病学を専門とし、特に慢性腎不全(Chronic Renal Failure : CRF)の治療を得意分野とする。

資格等

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本腎臓学会認定腎臓専門医
  • 日本透析医学会認定透析専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(腎臓機能障害)
  • 医学博士 (東京女子医科大学)
  • 世田谷区医師会 内科医会 常任幹事
  • 間歇補充型血液透析濾過(I-HDF)研究会 世話人
  • 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター血液浄化療法科 非常勤講師

メディア掲載



  1. ねふろんvol.57 「研究会会長に聞く」→ 記事はこちら
  2. B.P up to date vol.15/No.6 「第11回長時間透析研究会「元気で長生き!秘訣は長時間透析にあり」をメインテーマに開催」→ 記事はこちら
  3. DNUTS2015年1月 「施設訪問」→ 記事はこちら
  4. Welby Media 2014年8月 「透析治療は「しっかり食べて,しっかり動いて,しっかり透析」→ 記事はこちら
  5. 頼れるドクター(世田谷)2013→ 記事はこちら
  6. Neo Voice 2013年6月第11号 「オンラインHDFの現状と今後」→ 詳細はこちら
  7. 温故知新vol.7 「AN69膜使用後,栄養状態改善を認めた長期透析脳血管障害患者の一例」→ 記事はこちら
  8. te to te vol.1 「専門医からの提案書 透析患者における血圧管理」→ 記事はこちら

書籍





オンラインHDF 私の処方②
(オンラインHDFの基礎と臨床―透析患者の予後と合併症の改善を目指して―,Page 171-179,2017 メディカ出版)


透析効率をみるための検査
①標準化透析量(Kt/V),血中尿素窒素(BUN)
(透析ケア 2017年2月号特集:「何のために」「いつ」するの? 透析室の検査値はやわかりシート16,Page 23-26,2017 メディカ出版)


患者指導にすぐ使える
ヘモグロビン(Ht)/ヘマトクリット(Ht)
(透析患者の検査値ポケットブック,Page 8-17,2016 メディカ出版)


透析工学・技術 HDFフィルタ
高効率無酢酸HDF(栄養状態改善はI-HDF/長時間O-HDF)の勧め
(最新透析 医療先端技術との融合,Page 94-101,2016 医薬ジャーナル社)


適正透析
透析不足とはどのような状態ですか?
(新ME早わかりQ&A血液浄化装置,Page187-188,2015 南江堂)


治療の実際
血液流量、透析液流量はどのようにして決めるのですか?
(新ME早わかりQ&A血液浄化装置,Page140-142,2015 南江堂)


血液透析 原理・基礎
ダイアライザはどのように使い分けるのですか?
(新ME早わかりQ&A血液浄化装置,Page19-21,2015 南江堂)


血液浄化における技術と理論の融合 至適透析へのアプローチ
治療法の選択によるアプローチ 高効率無酢酸HDF(溶質除去はO-HDF、栄養状態改善はI-HDF/長時間O-HDF)の勧め
(日本血液浄化技術学会会誌23巻2号, Page229-232,2015 日本血液浄化技術学会)


HDF療法‘15
高効率アセテートフリーHDF 高リン血症や透析アミロイドーシスにはAF on-line HDF、栄養状態改善にはAF I-HDF実施の勧め
(腎と透析79巻別冊,Page22-24,2015 東京医学社)


透析方法 次世代透析療法
逆濾過無酢酸透析液を利用したJMS社製全自動透析装置による間歇補充型血液透析濾過(I-HDF)の有用性
(全人力・科学力・透析力・for the people透析医学,Page212-216,2014 医薬ジャーナル社)


HDF療法‘14
前希釈大量液置換無酢酸on-line HDFにおける補液量増加は体重増加が多い週初めの透析中の血圧低下に伴う処置回数を減少させる
(腎と透析77巻別冊,Page84-86,2014 東京医学社)


問題演習⇔実践でレベルアップ!透析ケア力超強化ドリル252
どうなっているの?透析の仕組み・原理 透析液の組成
(透析ケア2014年夏季増刊264号,Page50-54,2014 メディカ出版)


問題演習⇔実践でレベルアップ!透析ケア力超強化ドリル252
どうなっているの?透析の仕組み・原理 血液浄化器
(透析ケア2014年夏季増刊264号,Page50-54,2014 メディカ出版)


HDF療法‘13
透析方法(AF On-line HDF)よりも30分の時間延長が透析中の血圧低下軽減に有効であった1例
(腎と透析75巻別冊,Page158-160,2013 東京医学社)


ハイパフォーマンスメンブレン‘13
総透析液流量(QD)増加は高血流前希釈大量液置換オンライン血液透析濾過(on-line HDF)で初めて透析効率single pool Kt/V値(Kt/V)向上をもたらす
(腎と透析75巻別冊,Page40-43,2013 東京医学社)


透析導入時に知っておきたい基礎知識
・旅行や出張に出かけても大丈夫?
・透析を始めたら仕事はどうすればいいの?
・足が不自由で通院できない場合はどうすればいいの?
・自宅で透析はできる?
(新腎不全透析患者指導ガイド,Page80-86,2012 日本医事新報社)


HDF療法‘12
QBを増加させたアセテートフリーCDDSにおけるHDF療法はcCa×P積を低下させる
(腎と透析73巻別冊,Page43-45,2012 東京医学社)


ハイパフォーマンスメンブレン‘11
JMS社製全自動透析装置(GC-110N)による無酢酸間欠補液血液透析における栄養状態改善効果
(腎と透析71巻別冊,Page131-135,2011 東京医学社)


HDF療法‘11
Off-line HDF用補充液をより酢酸濃度の低い補充液に変更後、透析中の血圧低下が軽減した一例
(腎と透析70巻別冊,Page190-192,2011 東京医学社)


HDF療法‘10
無酢酸透析液カーボスターを用いたOn-line HDF開始後心機能改善が確認された一例
(腎と透析69巻別冊,Page145-148,2010 東京医学社)


症例報告
間質性肺炎を合併し死亡したPR3-ANCA陽性の血管炎の一例
(腎炎症例研究22巻, Page136-146,2006 日本ベーリンガーインゲルハイム)


原著
膜性ループス腎炎の臨床病理学的検討
(東京女子医科大学雑誌74巻12号,Page680-689,2004 東京女子医科大学)


原著
全身性エリテマトーデス患者の血液透析導入時の特徴 慢性糸球体腎炎患者との比較
(日本透析医学会雑誌37巻9号,Page1789-1796,2004 日本透析医学会)


透析患者への医薬品適正使用
透析患者の他科受診における薬物療法のポイント 腎性骨症に対する薬剤
(薬局54巻5号,Page1827-1833,2003 南山堂)

院長挨拶