最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

在宅透析
home-dialysis

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14
  • 予約・お問い合わせ

    03-5969-4976
  • 透析申し込み専用フリーダイヤル

    0800-111-4976

02 在宅血液透析

患者様が自らの責任と自己管理に基づいて、住宅に設置した血液透析機器やその他の付属装置を作動させて、自ら血液透析を行う治療法です。
(日本医工学治療学会第27回学術大会 ランチョンセミナー7 『在宅血液透析のすすめ』医療法人 坂井瑠実クリニック 坂井 瑠実先生より)

在宅血液透析とは


在宅血液透析は、患者様及び介助者が、医療施設において十分な教育訓練を受けた上で、医療施設の指示に従って、1人に対して1台の透析機器を患者様の居宅に設置します。 この設置した透析機器を用いて患者様の居宅で行う治療法を血液透析治療といいます。穿刺は自己穿刺を条件としていますが、代行することができる人は、医師等の有資格者と定められています。

 

(在宅血液管理マニュアル、日本透析医会・在宅血液透析管理マニュアル作成委員会 監修 平成22年2月26日 より)

在宅血液透析の方法


透析量の指標にHDP(Hemodialysis Product)と呼ばれるものがあります。
1回の透析時間 × (週の透析回数×週の透析回数) で計算します。


標準透析
145時間程度 ×(週3回)23645

HDPは70以上が望ましいとされており、当院でもHDP70以上を推奨しております。



さまざまなスケジュールのHD療法


  1. 長時間透析:1回6時間以上のHD
    例)1 67hr ×(週3日)2 = 5463
  2. 深夜透析(オーバーナイト透析):夜間睡眠時に施行するHD
    例)1 68hr ×(週3日)2 = 5472
  3. 隔日透析:回数を増やして2日空きをなくすHD
    例)1 45hr ×(週3.5日)2 = 49612週で7日)
  4. 頻回透析:週5日以上のHD
    例)1 2 4hr ×(週56日)2 = 50144
  5. 連日透析:連日のHD
    例)1 24hr ×(週7日)2 = 98196

「フランスのある病院では40年近く週3回、1回8時間の透析をしています。HDPは72です。 フランス人の体格だとか色々な条件は日本とは違いますが、でもここのデータは移植に負けていません」

(Belding H. Scribner, Dimitrios G. Oreopoulos. The Hemodialysis Product(HDP): A Better Index of Dialysis Adequacy than Kt/V. Dialysis & Transplantation 2002 ; 31(1) : 13-15)

メリット


在宅治療は、単に入院や頻回通院の解消策にとどまらず、患者様のQOLを考えた場合、もっとも望ましい医療の姿といえるでしょう。特に血液透析治療は移植が成功しない限り終生続けなければならない治療であり、患者様が医療施設で過ごす時間の累積は膨大なものとなります。
在宅血液透析は、特に生命予後が良いとされる頻回、または長時間透析を、医療施設の事情に左右されず自分の生活スタイルに合わせて実施することができるという利点があり、患者様のQOLを考えた場合、非常にメリットの大きい治療法といえるのです。


(在宅血液管理マニュアル、日本透析医会・在宅血液透析管理マニュアル作成委員会 監修 平成22年2月26日 より)



在宅血液透析のデメリット

  • 01
    睡眠時間を使うなどの工夫を行わないかぎり、時間や回数の拘束は解消しない。
  • 01
    睡眠時間を使うなどの工夫を行わないかぎり、時間や回数の拘束は解消しない。
  • 02
    HHDの専用機器がないため、操作性が悪く、準備や回収に時間がかかる。
  • 03
    自己負担が多くなる。(水道料金、電気料金)
  • 04
    各物品の配送量、保管量、廃棄物の量などが多くなり、一括配送が難しい。
  • 05
    食事が自由で肥満傾向になり、高脂血症の薬を必要とする患者もいる。
  • 06
    夏は汗をかきすぎて、水分の補給を十分しなければ脱水になることもある。
  • 07
    透析後P低下をきたすことがあるので、Pの補給が必要なことがある。


在宅血液透析のメリット

  • 01
    血圧が正常化する。栄養状態が良い。
  • 02
    たんぱく質の摂取は制限をせず、家族と同じものを食べることができる。
  • 03
    薬は少量の活性型VD3以外ほとんどいらない。
  • 04
    透析不足による不快な症状はない。
  • 05
    よく眠れる、知的能力がアップする。
  • 06
    十分な治療時間が容易になる。
  • 07
    通院が減り充実した生活が送れる。また、インフルエンザなどの院内感染のリスクが減る。長時間透析の実施が容易になる。

(臨床透析2013Vol.29 No.5 HD療法の多様化:透析スケジュールの見直し (5)連日透析(在宅血液透析)芦屋坂井瑠実クリニック 坂井瑠実 より)



慢性透析療法の現況


・施設数 4,264施設(26施設増、0.6%増)
・慢性維持透析患者 314,180人(4,173人増)

施設透析: 304,474人(96.9%)
内訳: 昼間/263,109人(83.7%)
夜間/41,365人(13.2%)
在宅血液: 461人(0.1%)
腹膜透析: 9,245人(2.9%)

わが国の慢性透析療法の現況
(2013年12月31日現在)日本透析医学会統計調査より

在宅血液透析患者数の推移


在宅血液透析患者数の推移

日本透析医学会 統計調査委員会データより



在宅血液透析患者数
【全国】
埼玉県 74人
兵庫県 58人
東京都 51人
愛知県 44人
大阪府 37人
滋賀県 28人
神奈川県 25人 …

わが国の慢性透析療法の現況(2013年12月31日現在)日本透析医学会統計調査より



透析回数・時間(2009.12.末)
透析回数(回/週)
1回 304,474人(96.9%)
2回 昼間/263,109人(83.7%)
夜間/41,365人(13.2%)
3回 95.5 %
4回以上 0.2 %
透析時間
4時間未満 17.6 %
4時間~ 69.8 %
4.5時間~ 6.3 %
5時間~ 5.7 %
5.5時間~ 0.7 %

(社)日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況」より



現状の透析は週3回4時間(4時間未満を含む)が90%
  • 週3回4時間(4時間未満を含む)では
    多くの透析患者は透析の絶対量が不足している! 治療方法で
    – 血流の増加
    – ダイアライザーの選択
    – HDF(on-line)
    など工夫しても時間や回数を増やす以外難しい
  • 循環器合併症患者は血圧低下を起こさないためにゆっくり時間をかけて透析をする必要がある

日本医工学治療学会第27回学術大会 ランチョンセミナー7『在宅血液透析のすすめ』医療法人 坂井瑠実クリニック 坂井 瑠実先生より



透析患者様に現れる症状
  • 高血圧
    貧血
    意欲低下
    集中力低下
    皮膚の色素沈着
    痒み
  • 骨・関節の痛み
    ピクツキ
    ムズムズ脚症候群
    四肢の不随意運動
    発汗異常
    胃腸の運動障害
  • 口腔乾燥
    味覚異常
    食欲低下
    口臭
    不眠
    …etc

これらはどれも,透析不足から起こってくる透析の合併症は透析不足による合併症か透析のやり方によるものである


日本医工学治療学会第27回学術大会 ランチョンセミナー7『在宅血液透析のすすめ』医療法人 坂井瑠実クリニック 坂井 瑠実先生より

施設透析での限界


・長時間や頻回透析が良いとわかっていても施設での治療時間や治療回数を増やすことは難しい。

・送迎サービスや3クール行っている施設では、長時間透析は難しく限界がある。




十分な透析を行おうと思えば、在宅血液透析(HHD)が選ばれることは必然である。





施設血液透析と在宅血液透析の生存率

施設血液透析と在宅血液透析の生存率

渡邊ほか:在宅(家庭)血液透析についての提言,透析会誌31(5):959~965,1998より一部改変引用

はじめるには?



在宅血液透析の適応


誰にでもできる治療法ではないため、以下のような基準を参考に導入する。

  • 01
    本人の強い希望があること。
  • 02
    介助者が確保され、同意していること。
  • 03
    介助者以外の家族も協力的であること。
  • 04
    教育訓練を受けることができること。
  • 05
    教育訓練の内容を習得する能力があること。
  • 06
    安定した維持透析が実施されていること。
  • 07
    在宅血液透析実施の上で、支障となるような合併症がないこと。
  • 08
    年齢は16~60歳程度が望ましい
  • 09
    社会復帰の意思があること。
  • 10
    透析を実施する部屋や材料の保管場所が家庭内に確保できること。


当院の約束事
  • 透析中に何かあれば直ちに終了する。
  • 都合が悪ければ施設で透析をする。
  • 2日空きを作らない
  • 無理な透析(無理な除水)をしない。
  • できるだけ長い時間透析をする。
  • 週3回・4~5時間の透析なら勧めない。
  • 負担のかからない透析をする。
  • 翌日に影響がないような透析を行う。
HHDをはじめるまでの過程
(患者・家族)紹介状
外来受診・各部面接
・担当医
・担当看護師
・担当臨床工学技士
(患者宅)
家庭の下見訪問
・水道圧、水質
・電気容量
・家庭状況、その他
・看護師及び臨床工学技士 訪問
・結果を連絡
判定
・在宅透析の受け入れについて決定する。
(患者・介助者)
在宅透析導入教育
・約3週間の教育:プログラムを受講者に合わせて計画

・透析装置の設置
・透析材料の配送
・結果を連絡
在宅透析移行判定
・在宅透析開始の可否を決定する
  
在宅透析移行
 
 


在宅血液透析についてのPDFファイルは下記よりご覧いただけます


詳細はこちら→ 在宅血液透析について[PDF]


Q&A



在宅血液透析のQ&Aにお答えいたします。
詳細は「在宅血液透析Q&A」よりご覧くださいませ。


在宅血液透析Q&A

在宅血液透析