最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

菅沼院長の元気で長生き講座
course

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
  • 院内写真5
  • 院内写真6
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14

第53回 元気で長生き講座(2016年4月号)

菅沼院長の元気で長生き講座

~高血液流量透析(高血流透析)ついて~

 

血液流量(QB)300mL/min以上の高血流透析には、以下のような誤解や根拠のない迷信があるように思われます。

 

1.日本は低血流、海外は高血流、だから日本は海外より生命予後良好なのでは?

2.長時間透析では特に低血流とすべきでは?

3.体重あたりのQB高値生命予後不良が報告されており、高血流透析は生命予後不良では?

4.血圧低下をもたらすのでは?

5.実血流としては取れていないのでは?

6.QBを透析液流量(QD)の1/2以上としても無駄では?

7.効率よりも栄養が大事な高齢者は適応外では?

8.心臓への負荷を生じるのでは?

9.小分子除去に優れていても透析アミロイドーシス原因蛋白β2MGのような中分子除去には無効では?

10.バスキュラーアクセス(VA)不全をもたらすのでは?

 

【考察】

1.DOPPS研究にて国内外共より高血流程生命予後良好が示されています。

2.DOPPS研究にて透析時間が長い程透析効率を示すKt/V高値でより生命予後良好をSaranRらが報告(KidneyInt.2006;69(7):1222-8.)しています。

3.低体重透析患者は生命予後不良であり、その影響による結果であることが考えられ、QBそのものは高い程生命予後良好が示されています。

4.米国のWisconsin医科大学のTrivediHSらが、透析終了前の1時間で30分毎にQBを200又は400mL/minに変更し血圧を評価し、低血流より高血流の方がむしろ血圧が有意に高かった事を報告(HemodialysisInternational. 2007; 11(4): 424-9.)しています。

5.透析モニタHD02による実血流測定の結果、14~15(16)ゲージ(G)針を用いた場合に300mL/min以上の実血流を多く確認しております。

6.QD500mL/min固定であってもQB310mL/min以上の方が、QB300mL/min以下よりもKt/Vが高い傾向(腎と透析2013;75ハイパフォーマンスメンブレン’13:40-3.)を認めました。

7.2015年末当院75~90歳におけるドライウエイト(DW)54.4、透析時間4.45、QB293、Kt/V2.05、筋肉量の指標%CGR121.5と全国平均(DW48.3、透析時間3.74hr、QB180mL/min、Kt/V1.34、%CGR95.4)より高値です。

8.福島の援腎会すずきクリニックの鈴木らが、低血流(200mL/min)と高血流(360~400mL/min)の比較で心臓からの拍出量に有意差は認められないと昨年報告(透析会誌2015;48:239-42.)しました。

9.15G針を用いたQD500mL/min固定のオンラインHDFにてQB250~450mL/minまで50mL/minずつの変化にて、小分子のみならずβ2MG除去率もQB高値ほど有意に上昇したことが昨年MaduellFらが報告(Nefrologia.2015;35(1):50-7.)しました。

10.驚くべきことにQB312mL/min未満でVA不全が有意に特に多く、QB約390mL/minまではVA不全とQBに関連が認められないと昨年PoncePらが報告(HemodialysisInternational.2015;19:314-22.)しました。

 

さらには平均QB400mL/minの名古屋の城北クリニックでの良好な生命予後も本年報告(透析会誌2016;49:47-52.)されました。栄養状態と生命予後との関連は明らかであり、食事制限緩和が可能な透析量増加の方法として、時間と回数増加に勝るものはないと考えられますが,高血流透析も考慮されるべきでしょう。

 

【結語】

最新の報告を含む以上より利点の多い高血流透析は、誤解や根拠のない迷信に惑わされることなく、より多く実施されることが望まれます!