最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

院長ブログ
doctor-blog

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
  • 院内写真5
  • 院内写真6
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14

学会・研究会関連ご報告

院長ブログ
【透析医療従事者向け】
 会 長 稲葉 雅章 先生(大阪市立大学)
 会 期 2020年 11月2日(月)~ 24日(火) WEB開催

 

6月予定でしたが今年はCOVID-19の為、来週から24日までWEB開催となりました。当院からは下記2演題を発表します。一般演題はデジタルポスター形式での発表で、ワークショップ(WS)はオンデマンド配信されます。何卒宜しくお願い申し上げます。

 

[Ⅱ3-O96-2] [筆頭著者] 菅沼 信也 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷人工透析内科) クエン酸含有無酢酸重炭酸透析液(CD)を用いたオンラインHDFや在宅血液透析(HHD)における異所性石灰化抑制の可能性

 

[Ⅲ9-WS10-2] [筆頭著者] 菅沼 信也 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷人工透析内科) 「長時間透析に適した透析処方1 血流量,透析効率ほか」~長時間透析においても高血液流量透析,高効率透析実施可能である~

 

事前登録されております抄録内容は下記です。

 

[Ⅱ3-O96-2] クエン酸含有無酢酸重炭酸透析液(CD)を用いたオンラインHDFや在宅血液透析(HHD)における異所性石灰化抑制の可能性

[筆頭著者] 菅沼 信也 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷人工透析内科)

[共著者] 西澤 喬光 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷臨床工学部) 正木 一郎 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷臨床工学部)

【背景】透析液の酢酸やクエン酸負荷の影響が危惧される.

【方法】CDを用いた当院外来血液透析患者146名対象に骨密度(DEXA法による橈骨遠位1/3)と透析歴の関連を調査.

【結果】HDやI-HDFで長期透析歴患者で骨密度が有意(P=0.017,0.034)に低く,オンラインHDFで長期透析歴患者で骨密度が低い傾向(P=0.095)あるも有意差無く,HHD患者で関連なし(P=0.7).

【考察】骨密度と大動脈石灰化指数の負の相関や,特にCD HDFにてcCaP積低値(JSDT,2009年末)が報告されている.AndreasらがFetuin-Aと共に高pHが血清石灰化傾向(T50)を延長させ低pHでT50短縮を報告(J Am Soc Nephrol 23(10)P1744-52,2012)し,Georg LorenzらがCDにてT50が有意に延長を報告(Nephrol Dial Transplant 33(11)P2043-51,2018)した.

【結論】クエン酸負荷が増大する骨密度低下が少ない傾向のオンラインHDFやHHDでの異所性石灰化抑制の可能性が示唆される.

 

[Ⅲ9-WS10-2] 「長時間透析に適した透析処方1 血流量,透析効率ほか」~長時間透析においても高血液流量透析,高効率透析実施可能である~

[筆頭著者] 菅沼 信也 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷人工透析内科)

[共著者] 阿部 達弥 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷臨床工学部) 西澤 喬光 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷臨床工学部) 正木 一郎 ((医)社団菅沼会腎内科クリニック世田谷臨床工学部)

【目的】透析量が多くなる長時間透析にて高血液流量(高血流)透析や高効率透析は,過剰なアミノ酸やアルブミン漏出に伴う低栄養が危惧される.当施設では高血流透析を日常的に行っており調査.

【対象】HHD実施患者9名(男性8名,66.0±16.8歳,透析歴7. 6±3.7年,HHD歴3.0±1.4年),HHDを含む長時間透析開始患者15名(男性15名,55.5±12.8歳,透析歴6.9±6.8年,QB324±55.7mL/min)と2019年末長時間施設透析患者18名を含む血液透析患者146名ら当施設外来維持血液透析患者を対象に調査.

【結果】HHDは二日空きを無くした頻回透析を実施頂きHDP70以上推奨.QB最大は高P血症に対し400mL/minとし穿刺針15G.HDP109.4±35.3,QB276±69.9mL/minの高血流であった.骨密度(DEXA法による橈骨遠位1/3)と透析歴との関連は,施設透析では透析歴が長い患者で骨密度が有意に低かったが,HHD患者では関連が無かった.クエン酸含有透析液を用いたHHDを含む長時間透析開始15名にて半年後DW,BMI共に有意な増加,ERIの有意な低下(4.4±3.8→1.5±1.6)を認めた.HHDを除いた6時間以上の長時間施設透析患者18名の2019年末平均QB314±62.3mL/min(穿刺針(A)15.5±0.6G)でむしろ6時間未満に比べ有意に高値.年齢や体重に有意差あり,患者背景の違いが示唆された.透析効率spKt/V2.08±0.5でやはり6時間未満に比べ有意に高値で,大量液置換オンラインHDFを11名の過半数で実施しておりAlb漏出量の多い血液浄化器(FIX250S,MFX21-25Sや25U)を用いた高効率透析を7名で実施.

【考察】骨密度と大動脈石灰化指数との負の相関が報告され,骨密度低下が少ないHHDでは異所性石灰化抑制も期待される.むしろ体重増加や貧血の改善を認め,透析時間が長いほどspKt/V高値患者でより生命予後良好が報告(Saran R,et al: Kidney Int. 69(7):1222-1228, 2006)されており,過剰透析よりも透析不足を危惧すべきであろう.

【結論】長時間透析においても高血流透析,高効率透析実施は可能で選択肢になりうる.