最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

菅沼院長の元気で長生き講座
course

  • 院内写真1
  • 院内写真1
  • 院内写真1
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14

第22回 元気で長生き講座(2013年9月号)

菅沼院長の元気で長生き講座

~しっかり透析は長生きにつながる可能性が高いと考えられます~

 

JSDT(日本透析医学会)が毎年全国調査(当院も毎年参加しております)を実施しており、学会のホームページ上でもその結果を公開している「わが国の慢性透析療法の現況」によると、全国の透析患者様における年間粗死亡率は9%台で経過していたのですが、近年上昇傾向にあり2011年末についに10%を超え10.2 %となり、2012年末は10.1 %であったと報告されています。昨今の透析患者様の高齢化や、糖尿病患者様の増加が原因として最も考えられますが、100名の患者様がいらした場合、1年経過すると1割、10名の方が亡くなってしまわれるのが日本の平均的な現状です。

 

一方、福島県郡山市の援腎会すずきクリニックでは直近の2年間においてお亡くなりになったのは75名中わずか4名のみ!であった事をフェイスブックにて先日公開しました。すなわち年間粗死亡率5.3%で、これは全国平均10.1 %の約半分!の素晴らしい好成績です。この要因の一つとして同院の平均透析時間は4.7時間と長く、平均血流量360mL/min と高く、長時間高血流透析による高透析量、高効率透析が考えられます!

 

当院も現在、平均透析時間4.2時間、平均血流量300mL/min 強であり全国平均よりも30%以上透析量が多い「しっかり透析」を行っており、全国平均より4歳程平均年齢が高く御高齢の方も多く援腎会すずきクリニックには及びませんが、2009~2012年末までの4年間での平均の年間粗死亡率は約6%とやはり全国平均に比べると約40%死亡率が低い好成績となっております。

 

実際、国内外で透析量の多い(長時間透析、高血流透析、大膜面積透析の)方が長生きされております。今春の第二透析室のある新棟建設(増床)により、時間あたりの除水量の軽減も可能となる透析時間の延長にも対応させて頂きやすくなりました。体重及び時間あたりの除水量が少ない方が長生きとの報告もあります。より長い透析時間を希望される場合も是非ご相談下さい。

長生きのためにも今後も「しっかり透析」(長時間、高血流、大膜面積)継続をお勧め致します!