最高水準の腎臓病及び透析医療を追求する京王線千歳烏山駅北口の夜間透析・在宅透析も行う腎内科クリニック世田谷です。

診療案内
medicals

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
  • 院内写真5
  • 院内写真6
腎内科クリニック世田谷
腎内科クリニック世田谷
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-21-14

01 腎臓内科

腎疾患・腎臓病(慢性腎炎、慢性腎不全など)、予防接種、一般内科などについて、ご紹介します。

症状



主な症状について
腎臓病の症状としては浮腫(むくみ)、体重増加等の症状、血圧の上昇等が現れる事がありますが、無症状の事も多く、尿蛋白陽性もしくは増加、腎機能の低下等を言われた場合、当院にご相談下さい。

治療



食事・薬物療法
蛋白尿や血尿を指摘された場合、病態に即した治療方針を決定し、最適な治療を行います。
腎性貧血に対する治療
腎臓には赤血球の産生を促す造血ホルモン(エリスロポエチン)を作る役割があります。 慢性腎臓病が進行すると造血ホルモンの生成量が減少するため、ヘモグロビン(Hb)値が低下し貧血を発症します(腎性貧血)。 その他にも、鉄欠乏や炎症、尿毒症性毒素による赤血球寿命の低下などによっても起こります。これに対し、造血ホルモン剤である赤血球造血刺激因子製剤(ESA)を投与し、貧血管理を行います。




酵素補充療法
ファブリー病等に対する酵素補充療法も行っております。酵素補充療法は、欠損したり活性の低下している特定の酵素を製剤化して点滴で補充し、体内に蓄積されている糖脂質を分解・代謝する治療法です。これにより症状の改善や病気の進行を抑えることができます。

検査内容



検査について
採尿、採血、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査、血圧脈波検査、身体組成分析 などが院内で可能です。


その他
腎臓病や透析に関するお悩みをお持ちの方、当院にご相談下さい。セカンドオピニオンも受け付けます(お気軽にご相談にいらして下さい)。

Q&A



制作中
現在コンテンツ制作中です。しばらくお待ち下さい。

ドクター紹介



菅沼 信也 Shinya SUGANUMA
医療法人社団菅沼会腎内科クリニック世田谷 院長
日本内科学会内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
身体障害者福祉法第15条指定医(腎臓機能障害)

伊藤 壮一 Soichi ITO
総生会麻生総合病院 救急総合診療科部長
日本救急医学会救急専門医/指導医
日本内科学会内科認定医
初期臨床研修指導医
日本救急医学認定ICLSディレクター
米国熱傷学会The Advanced Burn Life Supportインストラクター
日本救急医学会公認JPTEC世話人
日本臨床救急学会認定ISLSインストラクター
日本DMAT隊員
川崎DMAT隊員

菅原 真衣 Mai SUGAHARA
東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医

腎臓内科